咲いた咲いた‥桜も咲いた!

数日留守をしている間に‥「横浜市こども植物園」の「蕾たち」は美事に開花していました! 「ミツバツツジ」‥ 「トサミズキ」 「ゲンカイツツジ」‥ 「シロバナタンポポ」は日本在来種のタンポポです、主に本州関東以西、四国、九州に分布します‥ 「カメリア・ロゼフローラ」‥ 春の季語の代表「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『越生梅林』その2(梅まつり)

『越生梅林』入り口で、入園料200円を支払い、「梅畑」のごとき入り口付近を過ぎると‥ 満開の「紅梅」が見えてきました‥ イベント用のミニSLは、八高線で走っていた国鉄9600形蒸気機関車の十分の一モデル‥何と、乗客は大人のほうが多いようです‥ 良い香りがあたり一面に漂っています‥ 「白梅」だって咲き誇っているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『越生梅林』その1

埼玉県入間郡越生町にある『越生・おごせ梅林』は「水戸偕楽園」「熱海梅園」とともに「関東三大梅林」の一つとなっているとあります‥知名度やや低いようですが‥ 「梅まつり」が行われているということで、伯母の家の近くの「大宮公園」へ寄る予定を変更して行ってみることにしました‥ 東武越生線とJR「越生駅」は構内で繋がっています、駅を出…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

満開の『河津桜』(河津町)

人の波に揉まれながら伊豆急行「河津駅」を出ると‥ 満開の桜‥何故かまだ5~6分咲きと思い込んでいましたのでビックリ‥ 「桜のトンネル」も凄い人‥ 「菜の花」も満開‥ 桜並木を抜けると「相模灘」‥しばし海を眺めて‥ 再び桜並木を反対方向へと歩きます‥ 例年ですとこのあたりにメジロが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あれ!「蕗の薹」‥野草園では「芹葉黄連・セリバオウレン」

横浜市こども植物園の「池の前広場」‥テントが張られ展示場にもなります‥ この写真の手前左手の斜面で‥ 「蕗の薹」を見つけました‥よ~~く見ると一面に小さな「蕗の葉」が‥蕗畑だったのです‥今までちっとも気がつきませんでした‥ 「野草園」でひょっこりと延びていたのは‥ 「セリバオウレン」と名札があります‥日本特産の常緑多年草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『春の息吹』‥小さな蕾たち(春黄金花・ツツジ・トサミズキ)

春の訪れを待って、じっと我慢を続けていました‥ やっと、暖かくなって‥色とりどりに花開く時が近づいたのです‥ 「サンシュユ」の木‥「庭のサンシュユ~の木‥」ふと、九州の「稗搗節」など思い浮かんだのですが、どうやら歌に謳われている「サンシュユ」は日向地方の方言でいうところの「山椒」のことのようです‥春、葉が出る前に黄金色の花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『南高梅』『玉英』『鶯宿梅』‥

『南高梅』と聞けば‥思い浮かぶのは「梅干し」‥果肉が厚くて皮が薄い最上級の「梅干し」です‥ 「横浜市こども植物園」の「くだもの園」に並ぶ梅は、実を収穫する事を目的にして栽培される「実梅」の仲間達です‥ 『南高梅』‥ルーツはこちらから   http://minabe.net/gaku/rekishi/na…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『デンドロビウム・キンギアナム・バードローズ』オーストラリアの蘭

昨日の日曜日「横浜市児童遊園地の梅林」ではたくさんのカメラマンが‥「梅の花」をパチリパチリ‥ 私は、遠慮して「横浜市こども植物園」の温室へ‥ 観葉植物の温室に入るとすぐにスズランのような可愛い花をみつけました‥ 「デンドロビウム・キンギアナム」はオーストラリア原産のランで、その原種と近縁種との交配による園芸種は多数あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『思いのまま』『紅冬至』『夫婦枝垂』‥「県立保土ヶ谷公園・梅園」から

良いお天気になりましたので、図書館へ本を返しながら「県立保土ヶ谷公園」へと参りました‥ 2月7日に一度訪れましたが、「梅まつり」を前にして、あまりの花の少なさに心配をしたものです‥ その後どうかしら?と再び訪れてみました‥図書館を回って来ましたので、反対側の入り口から‥ 道の向こう側に咲いているのは?‥白梅も見えます‥…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『八重唐梅・ヤエトウバイ』と『八重野梅・ヤエヤバイ』

「横浜市児童遊園地」の梅林‥早咲きの「梅」が見頃を迎えています‥ 『八重唐梅』は6~7分咲きというところです‥ 満開が近づくと花びらが白っぽくなり(白っぽくなっています)赤い筋が入る(こちらはまだのようです)のが特徴だそうです‥ 『八重野梅』は清楚!‥ 「筑紫紅」と「緋梅」が美しさを競っています! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天王町の「ジョウビタキ♀」

相模鉄道本線で横浜駅から4つ目に「天王町」という駅があります‥ 駅前の小さな広場のあたりに‥ 「安藤広重」の保土ヶ谷の図に描かれている「帷子橋」が架けられていました‥ こんな具合に架けられていたのでしょうか?‥現在の「帷子橋」は駅の反対側にあります‥ その広場で待ち合わせをしていると‥ 一羽の♀の「ジョウビタキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ビール坂」と「保土ヶ谷カトリック教会」

前にご紹介した「神明社」の近くに「横浜ビジネスパーク」があります‥ 野村不動産が所有するビジネスセンターで‥オフィスビル群にレストラン、スポーツセンター、公園を備えています‥ 嘗てこの場所には、明治26年創業の「東京麦酒(株)」があり、「東京ビール」と瓶が製造されていました‥ ビール製造には近くの山(神戸山)に湧く良質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『横浜公園』と「電話交換創始の地」

山下公園を後にして‥JR関内方面へ向かいました‥ もう少し暖かくなったら、ここで(ランチかディナーも良いかも)‥と思いながら、大きな桜の木が目に留まり交差点を渡りました‥ 「横浜海岸教会」[本邦最初のプロテスタント・教会]とあります‥詳しくは「横浜海岸教会」の文字をクリックしてくださいね‥ しばらく進むと‥(あれ、何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモメ群れ翔ぶ「山下公園」

近くでの用事を済ませ「山下公園」へ‥ 晴れてはいたのですが、海風が冷た~~い‥ すぐに帰ろうと思ったのですが、カモメが近くまで飛んで来たりして‥ 結構可愛いのです‥ 野鳥を追いかけて写真を撮るようになって‥鳥って可愛いなと思えるようになって来ました‥以前は鶏にしか興味が無かったのですが‥ この花…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あの『梅の木』が満開となりました‥

一面の雪の中で咲く一輪の「梅の花」をアップしましたのは、1月21日のことでした‥ その『梅の木』は「横浜市児童遊園地」に隣接する「英連邦戦死者墓地」の中にあります、ちょっと立ち寄った時に既に満開の梅の木をみつけて、以来早めに訪ねる事にしたのです(品種は分かりません・名札が付いていませんので‥nobaraさんご存知でしたら教えてくだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「月影」見頃‥メジロ飛び

「横浜市児童遊園地」の梅林の『月影』が5~6分咲きとなりました‥そろそろ見頃です‥ 休憩所の脇の梅の木で‥一羽のメジロが嬉しそうに飛んでは跳ねていました‥ 風は冷たいのですが、雲一つない青空‥朝陽が輝いています!‥梅観日和のようです‥              楽しい日曜日を!!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「福寿草」「クロッカス」「カメリア・ロゼフローラ」

毎日寒い寒いと過ごしていますが‥ いつの間にやら「福寿草」が咲き始めていました‥ 「横浜市こども植物園」の野草園です‥ ふと見ると‥「クロッカス」も‥ 「クロッカス」は地中海沿岸から小アジアにかけて80種類が分布する球根植物です‥早春に花を咲かせるものが一般的に「クロッカス」の名前で通っていますが、秋に花を咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クリスマスチアー」が花開き‥「あと40日」は?

「横浜市児童遊園地」の日当りの良い場所で‥ 「紅花アセビ・クリスマスチアー」が咲き始めていました‥ 「馬酔木・アセビ」はツツジ科の常緑性低木、基本種は白花で、紅花の「クリスマスチアー」は園芸種だそうです‥ 新芽が少しずつ色付き‥ 先日まではこんな様子でした‥ 気づいたのは雪の後‥ で、花の上に凍った雪が載って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『三渓園と原三渓』‥「観梅会と盆栽展・3」から

実業家として成功を収めた「原三渓」は住まいを本牧三之谷に移すと、古建築の移築を開始し『三渓園』を無料開放しました‥また、美術品の蒐集や安田靫彦などの若手画家への支援・育成を開始したのです‥前田青邨「御輿振り」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など多くの作品が園内で生まれました‥ 「聴秋閣」 南門を出ると‥ 「紅梅」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三渓園と原三渓』「観梅会と盆栽展・2」から

「原富太郎」は岐阜県渥見郡佐波村(現在の岐阜県岐阜市柳津町)で代々庄屋をつとめる青木家の長男として生まれ、幼い頃から絵、漢学、詩文を学びました‥「三渓」は本牧・三之谷を住まいとしたところから付けた「号」‥ ‥ 東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学し、政治・経済を学び、婚姻により原家に入籍して家業を継ぐと生糸輸出を始…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more